パオパオ張り作業

3月3日、女の子の節句おひな祭りの日🌸

農業女子(?)の私は、いつもの干し芋加工所やパソコン前を離れて、

今年初、下巣の畑へいきました。

晴れた空と遠くに見える涌蓋山。

まっすぐに伸びた大根種まきのマルチの列。

気持ちの良い下巣畑です。

若者と共にパオパオ張りの作業です。

パオパオとは圃場を作物ごと暖かく包み込み、作物にとって良好な生育環境を保つ農業用のべた掛け資材、不織布です。

農作業とうどんはコシが重要(^o^)

師匠の温かい指導のもと、若者がコロコロコロコロ転がして伸ばして行きます。

私の仕事は広げてプシュッ!

全体の様子を見ながら広げて、両端を押さえていく作業です。

息もぴったり(*^-^*)

無事作業完了!

今年も美味しい大根作りますよ~!

契約先で加工され、すき家の牛丼トッピング大根おろしに使われる予定です。

もし食べる機会があれば、「もしかしたらこれは小国大根かも?」と

阿蘇の自然をイメージして味わってみてくださいね(^_-)-☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

芋掘り始動